うなぎ湯の宿 琢琇に泊まり、山形・宮城を巡る1泊2日の旅(鳴子郷、最上川、たかはし亭、一茶庵分店)

| コメント(0)


11月9日にテレビ東京で放送された「いい旅夢気分」では鳴子温泉郷・中山平温泉にある「うなぎ湯の宿 琢琇」に泊まって山形と宮城を巡る1泊2日の旅を紹介していましたね。旅をしたのは勝野洋と草刈正雄でした。
まずは、宿泊した「うなぎ湯の宿 琢琇」の紹介からです。

うなぎ湯の宿 琢琇(口コミ評価=4.3)



【子供(乳幼児含)OK】【源泉かけ流し】【貸切露天風呂あり】
住所=宮城県大崎市鳴子温泉星沼20-9
最安宿泊料金=1泊2食付で14,010円~
※今回利用したプラン=錦秋の四季彩御膳(春駒の間)20,940円~

日本秘湯を守る会・源泉湯宿を守る会 会員の宿で、温泉好きの間では
強いアルカリ性で化粧水のようなトロットロの肌触りの温泉、「うなぎの湯」で
有名な源泉かけ流しの温泉宿です。美肌の湯の4大要素とされる
「アルカリ性」、「硫黄泉」、「炭酸水素塩泉」、「硫酸塩泉」全てを
兼ね備えています。料理も地元食材を生かした優しいメニューが並び、
温泉と合わせて特に女性に口コミで評価の高い宿です。
今回旅をした勝野洋、草刈正雄も温泉好きのようで、
ここの温泉の泉質を絶賛していましたね。
【アクセス】
・(電車)JR東北新幹線古川駅で乗換、陸羽東線中山平温泉駅下車徒歩15分
 ※JR中山平温泉または鳴子温泉まで無料送迎有(要予約)
・(車)東北自動車道「古川IC」で降りて国道47号線を鳴子方面に40分
【温泉情報】
 泉質 =含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
 適応症=切り傷、火傷、慢性皮膚病、動脈硬化症、慢性婦人病、糖尿病
 pH  =8.9~9.4
 泉温 =67.9℃
 露天 =男性用、女性用、混浴各1
 内湯 =男性用、女性用各2
 ※混浴露天は震災の影響により利用できなくなっています。
 ※源泉かけ流しです。
【食事情報】
 夕食=広間または個室食事処
 朝食=広間または個室食事処
>>宿泊プラン・空室情報をチェック

>>口コミをチェック




また、訪れた観光スポットやグルメスポットなどは以下の通りです。これからお出かけする際の参考になさってください。

■観光スポット
1.最上川芭蕉ライン舟下り
住所  =山形県最上郡戸沢村大字古口86-1
TEL   =0233-72-2001
乗船料 =1,970円
乗船時間=9:00~16:00 ※季節により出航時間は異なります
松尾芭蕉が詠んだ 『五月雨を 集めて早し 最上川』は
山形県南部に源を発して北へ水流を進め、酒田で日本海へ
流れ出る全長229kmの山形を代表する一級河川です。
その最上川の流れを体感できる舟下りでは、船頭さんによる
山形弁ガイドなどを聞きながら、12kmに渡って美しい滝や
渓谷をのんびりと眺めることが出来ます。
より詳しい情報はコチラで>>最上川芭蕉ライン舟下り


2.幻想の森
問い合わせ先(ガイド)⇒最上川芭蕉ライン舟下り
十年程前、その情景から名付けられた「幻想の森」。
地元では、「土湯杉」と呼ばれ、樹齢千年を超える杉の巨木が立ち並ぶ広大な自然林。
より詳しい情報はコチラで>>幻想の森


3.旧有路家住宅 封人の家
住所=山形県最上郡最上町大字堺田59?3
TEL =0233-45-2397
観覧料 250円
観覧時間 8:30~16:00
※12月~3月は休館
仙台領と接する新庄領堺田村の庄屋、国境を守る封人を務めた有路家の屋敷。国の重要文化財にも指定されている。
日本で唯一現存する「芭蕉滞在の宿」
より詳しい情報はコチラで>>旧有路家住宅 封人の家


4.鳴子峡
※問い合わせ先⇒鳴子温泉郷観光協会
TEL =0229-82-2102
大谷川が刻んだV字渓谷は、深さ100mほどの断崖絶壁が2000m以上続きます。紅葉が飾る雄大な風景は見るものを圧倒し、紅葉の時期多くの観光客で賑わいます。
より詳しい情報はコチラで>>鳴子峡


5.熊谷こけし工房
住所=宮城県大崎市鳴子温泉字上鳴子38
TEL =0229-83-2208
こけし作りをしている熊谷正さん(74歳)の工房。
警察の依頼で、飲酒運転根絶の広報啓発運動のための警察官こけしを作った。それが評判を呼び、今では様々な企業からの依頼をうけている。
★主な取り扱い品
 警察官こけし=3,500円


6.肉の柴崎
住所=宮城県大崎市鳴子温泉字湯元5-2
TEL =0229-83-4129
創業明治33年の老舗の肉屋で、ドレッシングがおいしいと評判になり、今では年間3,000本以上売れています。
★主な取り扱い品
 魔法のドレッシング しばドレ=600円
 大根サラダ=100g 150円
 黒毛和牛コロッケ=1個 110円
より詳しい情報はコチラで>>肉の柴崎


7.高橋豆腐店
住所=宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷73
TEL =0229-83-3362
大正創業の老舗豆腐店です。3代目御主人のフィリピン人奥さん・アンさんが考案した、ヘルシースイーツが評判を呼んでいます。
アンさんの豆乳プリン 180円
営業時間 8:30~20:00
不定休
より詳しい情報はコチラで>>高橋豆腐店(食べログ)


■立ち寄り湯
1.喜至楼
住所  =山形県最上郡最上町大字大堀988
入浴料 =500円
入浴時間=10:00~15:00
江戸時代創業の老舗の宿。
明治(本館)、大正・昭和(別館)の建物が混在しています。
ローマ式千人風呂が人気で、多くの観光客が訪れます。
★温泉情報
 泉質 =ナトリウム、カルシウム、塩化物・硫酸塩温泉
 適応症=切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症
 泉温 =60℃
より詳しい情報はコチラで>>喜至楼


2.瀬見温泉 共同浴場 ふかし湯
利用料 =300円
利用時間=9:00~17:00
瀬見温泉の公共浴場で、温泉には浸からず、蒸気熱で体を温めるユニークな浴場です。床の下には温泉が流れており、穴から熱い蒸気が噴出します。
タオルを敷くか、浴衣を着たまま寝そべり、体をじんわりと温めます。
★温泉情報
 泉質 =ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
 適応症=切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症
より詳しい情報はコチラで>>瀬見温泉 共同浴場 ふかし湯


3.湯守の宿 三之亟
住所  =山形県最上郡最上町大字富沢884
TEL   =0233-45-2301
入浴料 =500円
入浴時間=10:00~16:00
古くからあまたの湯治客に愛されている宿です。
一角を自然そのままに利用した岩風呂は、湯殿の中に
源泉があり、湧き出ています。
★温泉情報
 泉質 =カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
 適応症=切り傷、火傷、慢性皮膚病、動脈硬化症
※源泉かけ流しです
より詳しい情報はコチラで>>湯守の宿 三之亟


4.共同浴場 滝の湯
※問い合わせ先⇒そば処 小花
TEL   =0229-83-2126
住所  =宮城県大崎市鳴子温泉湯元87
入浴料 =150円
営業時間=7:30~21:30
温泉神社下にある、鳴子温泉のシンボルといえる共同湯で、
御神湯として1200年近くの歴史をもつ、鳴子で最も古い温泉です。
★温泉情報
 泉質 =酸性-含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム鉄(II)
     ー硫酸塩泉(硫化水素型)
 適応症=切り傷、火傷、慢性皮膚病、動脈硬化症、虚弱児童、慢性婦人病
     糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
 pH  =3
 泉温 =46.2℃
※源泉かけ流しです
※「共同浴場 滝の湯」に固定電話はありません。
 「そば処 小花」の方にお問い合わせ下さい。


■グルメスポット
1.戸沢のぼたもち
住所  =山形県最上郡戸沢村古口374
TEL   =0233-72-2012
営業時間=8:30~17:30
定休日 =月曜
2011年9月29日にOPENしたばかりの「ぼたもち屋」さんです。
山形市内にある、江戸末期創業の老舗の和菓子屋「栄玉堂本舗」から、
あんこを仕入れており、地元、戸沢村の餅米を使用しています。
★主なメニュー
 あんこぼたもち=1個 115円


2.一茶庵分店
住所=山形県新庄市沖の町2-24
TEL =0233-22-8133
営業時間=11:00~14:00
不定休 ※夜は予約制
昭和25年創業の蕎麦屋です。とりもつラーメンは古くからメニューに入っており、じっくり煮込んだ鶏モツやお餅などが入っています。
★主なメニュー
 愛をとりもつラーメン 700円
より詳しい情報はコチラで>>一茶庵分店


3.たかはし亭
※問い合わせ先⇒鳴子まちづくり株式会社
TEL =0229-83-4751
住所=宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷121
営業時間 10:00~15:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
2011年4月23日にOPENした店です。取り壊しがささやかれ始めていた病院の建物を借り受けて、地元有志のお母さん方が営業しています。
★主なメニュー
 鳴子焼おくずかけ=880円
 鳴子温卵カレー =880円
※「たかはし亭」に固定電話はありませんので「鳴子まちづくり株式会社」の方にお問い合わせ下さい。



鳴子温泉郷というと豊富な泉質が楽しめることで有名ですよね。
11種類ある泉質のうち、ここ鳴子温泉郷だけで9つもの泉質を
堪能できます。鳴子郷の紅葉も見事ですし、秋にはぜひ訪れたい
温泉地の一つです。

コメントする

BELL SEARCH!
J.O.Y
温泉ソムリエ協会
相互リンク集
Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、りゅうが2011年11月11日 08:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おん宿 蔦屋に泊まり紅葉の木曽路を散策する1泊2日の旅(奈良井宿、馬籠宿、阿寺渓谷の紅葉、時香忘)」です。

次のブログ記事は「タクシー運転手の紹介する紅葉スポットの穴場(京都編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

代表的なアメリカドラマ